mongolyyのブログ

開発(Javascript, Typescript, React, Next.js)や開発手法(スクラム, アジャイル)、勉強したことについて色々書ければと。

「ピープルウエア 第3版」を読んだら、オフィス環境整備の重要性に気づいた

はじめに

メーカーのコーポレート部門でソフトウェアエンジニアとして働いているmongolyyと申します。
「ピープルウエア 第3版」がkindleのセールで安くなっていたので買って読んでみました。

感想を書きたいと思います。

感想

人間中心な観点から語られており、アジャイル開発に通づる話が多かったので、大体の話はスッと入ってきました。
そんな中でも、次の話が特に気になりました。

  • 立てる目標によって、アウトプット量が異なる話
  • 快適なオフィスとは?働く環境とは?の話

それぞれについて、簡単に触れたいと思います。

目標の話

立てられた目標の高さによって士気が変わるので、目標が高ければ良いというわけでもなければ、低くてもだめで、適切な量を設定するのが良い。なんなら、目標を設定しないほうがアウトプットの量は多いという研究結果があるということが書かれていて、前者はわかるなーと思いつつ、後者はどうなんだろう?と、思いました。

ここらへん、スプリントゴールを設定せずに、スプリントを実施してみるとベロシティは良くなったりするのかな?と、思いました。
(ベロシティが上がったとしても、チームの一体感は無くなり、長期的な生産性は落ちるようにも思いましたが、、、)

オフィスの話

オフィスへの投資が生産性向上に対してコスト効率がいいこと、オフィスのレイアウトはチームによって様々であること、静かなオフィスが生産性を向上させること、創造性のある仕事をする際は音楽をかけるのが良くないこと等が研究結果とともに書かれていました。

適切な配置はまさしくその通りだなと思っており、昔、一週間ごとに役割を見直し、チームの席を入れ替えて、うまくいったことを思い出しました。
また、今の会社で、「自分たちの部屋が与えられて、自由に組み替えていいよー」と言われれば、静寂も訪れるし、モブや相談などしやすい配置にできて効率良くなるなーという妄想もしていました。

また、音楽が良くないという話も興味深く、ブレストでアイデア出しをしているときに音楽をかけることがありますが、あれはあまり良くないことだったりするのかな?とか思ったり、音楽をかけたときと、かけなかったときで比較してみたいなと、思ったりもしました。

まとめ

「チームの活動をもっと生産的にしたい!」と考えられているマネージャーの方におすすめの本でした。
特に、オフィスについてここまで言及れている本はあまり出会ったことがなかったので、そういう観点で意見がほしい方は、是非本書を読んでみると良いと思います。